2007年 04月 05日 ( 9 )

打吹駅跡地の広場の桜

f0138600_2343321.jpg

写真は西武者緑地の桜である。

手前に大きな建物が立っているが、間から打吹山を望むことができる。

きれいに整地されており、いつもはグランドゴルフでにぎわう。

この周辺はまとまった空地が多く見られるため、民間の資本が入ってくればあっというまに高層ビルが建てられて、打吹公園が見えなくなってしまうかもしれない。

京都市などでは高さを規制するそうだが、倉吉市はどうなのだろうか。

「遥かなまち倉吉」には、景観についてのさまざまな予防施策が必要であるように思う。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 23:49 | 成徳地区

SLと桜

f0138600_23282321.jpg

写真は交番横のSLである。

この付近は旧国鉄倉吉線の打吹駅があった。

現在は廃線となり、跡地は様々な形で利用されている。

打吹駅があった場所の一画には、鉄道記念館が建てられている。

打吹駅があった場所につながる銀座商店街は、打吹駅が無くなったことにより、以前ほどの活気はない。

鉄道がなくなることで多くのことが変わったように思う。

とはいえ、無くなるものがあれば、新たに生まれるものがある。

「遥かなまち倉吉」は、どのように変わっていくのだろうか。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 23:39 | 赤瓦・白壁土蔵群

上井西公園の桜

f0138600_2315820.jpg

写真は上井西公園である。

桜が北側にあり、南側から光がよくあたるせいか、とてもきれいに咲いている。
つぼみもとても大きく、1本辺りの花の密度が非常に高い。

この公園も、先日紹介した上井東公園と同様、倉吉駅に程近い場所に位置する。

倉吉市内の公園の多くは、地元の人により管理が行われている。
この公園の周辺に飲み屋が多くあるのに公園内にゴミが落ちていない。

桜は日ごろお世話になっている地元の人への恩返しで精一杯花を咲かせているのだろうか。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 23:12 | 上井地区

オムロン倉吉の桜

f0138600_22482658.jpg

写真はオムロン倉吉の桜である。

オムロン倉吉は、市街地から小鴨川を挟んで北側に位置している。
倉吉の大きな就職先の一つである。

南側が開けているので、とても日当たりがよく、桜の木もたくさんの花を咲かしている。

「遥かなまち倉吉」に定住した若者の就業先としてどんどん成長してほしいと思う。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 22:55 | 上灘地区

東中学校の桜

f0138600_22354661.jpg

写真は東中学校の桜である。

校庭のローソンがある側に桜の木が植えてあり、道路を通行する際によく見える。

そろそろ春休みが終わって始業式・入学式のシーズンである。

新入生は3年間春になると同じ桜を眺めてはいろいろなことを考えるだろう。

「遥かなまち倉吉」が好きな子供がたくさん育てばいいなと思う。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 22:47 | 成徳地区

毘沙門天の桜

f0138600_2223742.jpg

写真は倉吉駅北側の毘沙門天の桜である。

この桜の手前には山桜があり、すでに葉桜となっていて、青々としている。

毘沙門天はいわゆる七福神の一人で、北方の守護神である。

毘沙門天は切り立った岩の間に祠を設置している。

倉吉駅の北側は、お寺や神社がたくさんある。

現在、倉吉駅を鳥取県中部にという合言葉で、土地区画整理事業が行われている。

新しく生まれ変わる「遥かなまち倉吉」の駅の北側を見守っていきたい。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 22:31 | 打吹公園

ひいなの祭り 赤瓦一号館 黒い天神さん

f0138600_0432032.jpg

写真は赤瓦一号館で開催されているひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)で展示されている黒い天神さんである。

会場でもらった資料によると、
「倉吉の土天神はなで肩で赤い衣装を着ているのが普通で、(中略)極稀に黒い土天神があり、木彫りのもの(刻み天神)の普及版だと思われる。」
と、ある。

写真は、黒の衣装を着ているが、土天神なのか刻み天神なのかよくわからない。

ただ、見ていてふと最近話題の韓流ブームの影響で、我が家でも見ることがある昔の勧告の宮廷の様子を描いたドラマの登場人物の顔に似ているような気がしたので、シャッターを切った。

会場でもらった資料に、
「この風習は島根県出雲地方から鳥取県伯耆地方を中心とする中国地方でみられ、各地に土天神が残っている。」
と、ある。
もしかしたら韓国から船で到着した人をモデルにして黒い土天神が作られたのではないかと、私なりにかってに解釈してみる。

「遥かなまち倉吉」と日本海を隔てた韓国と、なにかつながりがあるのだろうか。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:57 | 赤瓦・白壁土蔵群

ひいなの祭り 赤瓦一号館 土天神

f0138600_02450100.jpg

写真は赤瓦一号館に飾られていた土天神である。

赤瓦一号館では、ひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)が4月1日から4月8日まで開催されている。

いつも読んでいるくらよし散歩道さんも赤瓦一号館を訪れたようで、4月4日のブログでひいなの祭りを紹介している。
ぜひ、そちらの記事もぜひ読んでいただきたい。

会場でもらった資料によると、
「倉吉地方は、江戸時代から天神信仰が盛んで、初節句を迎えた男の子の無事な成長を願い、母親の里などから土天神や各種の土人形を贈り、盛大に祝う風習があった。」
と、ある。

そういえば、以前倉がある家にお邪魔したとき、
「おじいさんが子どもの時に飾っていた土天神だ」
と、見せてもらったことがある。

あらためてじっくり見ていると土の温かみが心地よい感じである。
自分が子どもの時に接した記憶がないものであるが、なぜか懐かしさを感じさせる。

「遥かなまち倉吉」の雰囲気にあっているような気がする。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:40 | 赤瓦・白壁土蔵群

ひいなの祭り 防災センター「くら用心」

f0138600_09367.jpg

写真はひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)の会場の一つである防災センター「くら用心」である。

ひいなの祭りは、4月1日から4月8日までの開催である。

防災センター「くら用心」は、ひいなの祭りに限らず、様々なイベントを行っている。

赤瓦・白壁土蔵群周辺に到着したらまず立ち寄るとよい。
そして、イベントをしていたらそこにいる人に積極的に話をしてみよう。

「遥かなまち倉吉」は、いいところだなあと実感すること間違いなしである。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:23 | 赤瓦・白壁土蔵群