<   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

本町通りにある駒寄せ

f0138600_2121755.jpg


先日のブログのコメントで駒寄せの話題が出てきたので、倉吉市内の駒寄せを探しに出かけた。

写真は、本町通りの酒屋さんの前である。

倉吉の町屋の特徴である出格子のまえに設置されている。

最近、側溝の工事が行われているせいか、以前設置されていた福狸がいなくなってしまい、ちょっとさみしい。

以前設置されていた福狸はこちら↓
http://kurayo4.exblog.jp/7509642



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-30 21:31 | 赤瓦・白壁土蔵群

玉川に沈んでいるもの

f0138600_1833647.jpg

玉川に沿って雁状にならんでいる町屋の前で、ふと川の中をのぞきこんでみた。

f0138600_18332899.jpg

丸い木が4つ、沈められていた。

これは、夏祭りの際の山車のタイヤである。

木は乾燥すると収縮により割れることがある。

水の中につけておくことで、長持ちするとのことだ。

夏祭りが行われる8月上旬頃に、水の中から引き上げられて、今年も山車のタイヤとして活躍するのだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-29 18:55 | 赤瓦・白壁土蔵群

景観に配慮した工夫

f0138600_21414952.jpg

先日、エアコンの室外機のレポートが好評だったので、ためしにほかのものの例を探してみた。

写真は、防災センターくら用心の電気メーターと消火機の例である。

平入りの建物と同じイメージになるように、片流れの木製の屋根がいずれも取り付けられている。

f0138600_2142873.jpg

扉はだれでも開けるように、かつ、きちんと閉まるように裏がマグネットになっている。

完全に隠してしまうとどこにメーターがあるのか検針員がこまってしまうが、このように前面が縦の細い格子にしてあれば、よくわかる。

前面に細い格子となっていることで、全体として木で囲まれた印象になる。

f0138600_21422158.jpg

消化機の赤は、まちのなかで目立ってしまうが、まわりを機で囲み、黒や白のシンプルながらきちんとこの場所に消火器が分かるようになっている。

伝統的建造物群保存地区に住んでいる方々は、まちなみについてすごく関心が高い。

この消火器は自主防災組織が設置したものだ。

生活に必要な機能を備えつつ、まちなみに配慮することについて、まちのなかで積極的に行われている。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-28 21:59 | 赤瓦・白壁土蔵群

倉吉の市内でみつけた鳥たち

f0138600_21231359.jpg

現在、倉吉市制55周年を記念して、市の鳥の制定をめざして、選定作業を行っている。

たしかに、倉吉市を流れる玉川沿いを歩いているだけで、たくさんの鳥を見ることができる。

以前紹介したサギ
http://kurayo4.exblog.jp/7463859/

なども、よく見かける鳥である。

f0138600_21233050.jpg

最近のイチオシは、鴨の親子である。

夕暮れ時に歩いているの見つけた。

f0138600_21235942.jpg

5羽もいると一匹くらいいなくなりそうなものですが、離れたと思ってもすぐに戻ってくる。

下水が整備され、みずがきれいになり、鳥が住み着くことができる環境が回復したのだろう。

これからもどんどんいろいろな生き物が住み着いてほしいと思う。






↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-28 21:34 | 倉吉の風景

登録有形文化財に掲げられた垂れ幕

f0138600_21372713.jpg

7月上旬に、野球の試合があることを告知する屋外広告物が大きく掲げられていた。

場所は、倉吉市役所の本庁舎である。

f0138600_21374359.jpg

倉吉市役所の本庁舎といえば、登録有形文化財に指定されている。

登録有形文化財という制度は、幅広く保護することを目的とするものであり、意外と規制はゆるいもののようだ。

f0138600_21553179.jpg

パルテノン神殿のようだと評される縦横の太い鉄筋コンクリートの梁や柱が、倉吉市本庁舎の特徴である。

別の角度からの全景は、こちら↓
http://kurayo4.exblog.jp/4907620

倉吉市役所の本庁舎ということで、必要な施設の設置や垂れ幕や横断幕によるPRをしながら、文化財として使用されつづける。

市内に、登録有形文化財にふさわしい使用されつづけている建物はたくさんある。

取り壊されることなく、後世に残すことができればいいなあといつも思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-27 21:52 | 成徳地区

看板建築のある建物

f0138600_2312389.jpg

伝統的建造物群保存地区の建物は、格子、瓦、腕木がそろっているかといえば、そうでない建物もある。

おそらく大正から昭和初期にかけてであろう、建物の前面に洋風に見せるために、四角い壁がそそり立っている。

看板のような壁だからであろうか、「看板建築」と呼ばれることもある。

昭和初期頃の建物がすでに文化財になりつつあるので、看板建築がある風景も、ふるいまちなみといえると私は思う。

とはいえ、江戸時代の建物は、腕木、格子、瓦など、その特徴をキーワードで説明しやすいが、昭和初期の特徴的な建物を一口に説明するのは、ちょっと難しい。

f0138600_23205869.jpg


写真は、最近修景が施され今のようになった。

窓の下に室外機があるのだが、外から見えないように隠している。

遮蔽に、自然素材である木を使用することでまちなみにマッチする仕上がりとなっている。

江戸時代から昭和初期にかけてなかったものを隠す方法は、建物によってそれぞれであり、統一的な隠し方は、いまのところない。

どんな隠し方がうまいだろうかという視点でまちを見て回ると、あっとおどろく隠し方があるるらしいので、機会があればレポートしてみたい。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-25 23:25 | 赤瓦・白壁土蔵群

モリアオガエルの卵

f0138600_21244438.jpg

に程近い木の上についている白いものは、モリアオガエルの卵である。

どうやって登ったのだろうかと不思議に思うくらい高い位置に白いものがついているときもあるから驚きである。

f0138600_2124588.jpg

池を覗き込めば、卵から孵化したおたまじゃくしがたくさん。

そういえば、池が整備された次の年にはすでにおたまじゃくしでいっぱいになっていた。

モリアオガエルというのは、適用力が強いのだろうか。それとも打吹山の自然環境の中ではあたりまえのことなのだろうか。

倉吉市の中心市街地には、豊かな自然がたくさんあるなあと、いまさらながら思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-24 21:32 | 打吹公園

アジサイの咲いている場所

f0138600_23204362.jpg

梅雨の季節になったので、ふいにアジサイの写真が撮りたくなった。

さて、どこで咲いているのかなと以前のデータを検索してみると、打吹公園の西坂のところにあることがわかった。

f0138600_2321138.jpg

ガクアジサイが咲いている場所に移動してみると、法面がきれいに清掃してあり、ガクアジサイの木が1本になっていた。

除草や剪定作業の際に、どこにどんな木が植えてあるのか知らずに、切ってしまうことがよくある。

珍しいものは、切ってしまわないように注意してほしいなあといつも思うが、私自身、作業に熱中していて気が付かずに切ってはいけないものを切ってしまうことがあるので、無理はなかなか言えないように思う。

切ってしまわないために、どんな対策があるのかなあといつも思うのだが・・・よいアイデアがある人はぜひ教えてください。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-23 23:35 | 打吹公園

武家屋敷があったあたりを歩く

f0138600_2044042.jpg

八橋往来は、本町通りの西町で北へ向かう。

江戸時代には、西町より西側には、武家屋敷が並び、庶民が歩くことができなかったためである。

現代は、武家屋敷の跡はほとんど見られない状態である。

背景に見える白い四角の建物は、病院である。

伝統的建造物群保存地区の周辺は、商業地域の土地の指定がなされている。

商業地域は、建物の容積にずいぶん余裕があることから、背の高い建物が建ちやすい。

県外では、伝統的建造物群保存地区からの眺望景観を守るため、景観地区など、バッファゾーン的に指定しているところもある。

とはいえ、この周辺は倉吉の中心市街地であり、建物の高さを規制することは土地の高度利用を抑制することにつながることが懸念されるため、多くの議論を重ねる必要がある。

現在は、中心市街地にまちなみを無視してとうふのような白い四角い建物が建てられたら、どうすることもできない状態である。

私は、手遅れにならないうちに、土地利用を見直し、必要に応じて独自の規制の網をかける必要があるのではないかと思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-22 20:59 | 八橋往来

椿の平の生き物たち

f0138600_910321.jpg

打吹公園開園100周年事業の際に、生き物の観察ができるようにと、椿の平の池がリニューアルされた。
モリアオガエルの卵からかえったおたまじゃくしが元気よく泳いでいるのが観察できる。

f0138600_910552.jpg

池の真中あたりで、鴨が悠々と泳いでいた。
そういえば、付近の鴨川や玉川でも、鴨が休んでいるのをよく見かける。

下水道整備がすすみ、川の水が以前に比べてきれいになったので、鴨が活動範囲を広げているのだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-22 09:16 | 打吹公園