カテゴリ:赤瓦・白壁土蔵群( 188 )

昭和の記憶 江戸~昭和 その2

f0138600_22221420.jpg

倉吉市内の登録有形文化財の豊田家住宅で行われている講談によれば、大阪の淀屋は、とりつぶしにあったのちに、倉吉にて再興し、再び大阪に店を構えた。

倉吉で再興したかどうかはともかく、淀屋に、前期と後期があることは、大阪からの来訪者と話をしているときに出てきたので、意外と有名な話のようだ。

聞いたところによると、倉吉における淀屋関連の古文書というのはあまり残されていない。
そんななか、見つかったのがこの古文書。

説明書きによると、御上様(倉吉で御上様といえば、池田藩の家老のことと思われる)が大阪の淀屋に借金をしていて、期限内に返済できないときは倉吉の牧田(ほか2)が手形を切るという内容らしい。

現代にたとえるなら、保証人になったという内容である。

大阪商人が、倉吉の町年寄を保証人として信頼できると認めていたのだろう。
直接的な古文書ではないが、想像するには十分である。

面白いのは、この古文書が見つかったのは屏風の下張りであるということ。
借金を返済したら文書は御上様に返却され、残らないように即座に消去されるはずである。
下張りにつかうということは、返却されることなく、紙くず同然だったということなのだろう。

もちろん、証拠はない。だが、想像は広がっていき、話題となり、できがよければ伝説となる。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-24 22:52 | 赤瓦・白壁土蔵群

天然もののたいやき

f0138600_22155727.jpg

たいやきには、天然ものと養殖ものがある。

天然ものとは、1匹1匹を個別の型で焼く方式である。
天然ものの特徴としては、皮が薄く、ぱりっと仕上がることである。

写真は、天然もののたいやきの型。

倉吉市内には、天然もののたいやきのお店がある。
立ち寄るたびに誰かが出来上がるのを待っている人気のお店である。

あつあつを店内でいただくことも可能である。

おいしいので機会があればぜひたちよってはいかがであろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-24 22:20 | 赤瓦・白壁土蔵群

昭和の記憶 江戸~昭和 その1

f0138600_21353493.jpg

今、赤瓦1号館で5月6日まで開催されている、「昭和の記憶 江戸~昭和」を見に出かけてみた。

釣りバカ日誌のすーさんの若かりしころの写真を発見。

説明書きによると、この看板のお店で働いていたこともあるらしい。
知っている人は知っている昔の話。

すーさんだけでなく、あまり知られていない倉吉のちょっと昔の話が会場に満載。

知っている人が知らない人に伝えるから、伝説が始まる。
倉吉の伝説を垣間見に、出かけてみてはいかがであろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-23 21:43 | 赤瓦・白壁土蔵群

桜の頃の写真

f0138600_21133753.jpg


最近、天候が悪いこともあり、写真をとりにいいっていない。
今日はちょっと前の写真を投稿してみる。

1枚目は、大岳院の桜である。

桜を単体でとるだけでなく、仏様も一緒にとってみた。
その場にあるものと一緒に撮影すれば、どこの桜なのかよくわかるのでよいと思う。

f0138600_21134745.jpg


2枚目は、打吹公園の屋台の前の写真。
何を買ったのか良く分かったので撮影してみた。

私の家なら、これだけ大きいものを買えば、置き場所に困るので、買うことができないが、かわいいので、子どもに買ってあげたらよろこぶだろうなあ。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-19 21:21 | 赤瓦・白壁土蔵群

絵付け前のはこた人形

f0138600_2333376.jpg

赤瓦2号館の前を通りかかったら、絵付け前のはこた人形を発見。

はこた人形は、倉吉の郷土玩具であり、紙を幾重にも重ねてつくる。

そのため見た目よりもずいぶん軽い。

写真のものは、製作途中なのでわからないが、通常、赤い着物を着ている。

赤瓦2号館では、絵付けの体験ができる。

機会があれば体験してみてはどうだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-18 23:39 | 赤瓦・白壁土蔵群

昭和の花嫁行列

f0138600_22573550.jpg


お嫁に行けば、なかなか実家に戻って庭を眺めることもできなくなる。
門出なので、うれしいはずであるが、この庭を眺めることができなくなると思うと少し寂しい・・・

f0138600_22574644.jpg


実家から嫁入り先に向かう。
仲人さんに手を引かれ、新たな出発を始める。
結婚は、二人だけのことでない。
多くのものを残しつつ、新たな世界へと出発する。

f0138600_22575546.jpg


行列は、花婿が先頭。
ゆっくりと伝統的建造物群保存地区の中を歩いていく。
今日は晴れの日。そして、将来を誓う日。
行く先になにがあるか分からないが、ずっと花婿のあとをついていく・・・

・・・

今回は、昭和の花嫁の花婿、花嫁を中心に掲載してみた。

技術的には、なにもなし。
望遠のレンズで、ストーリーを構成する人以外が入らないように気をつけながら撮影してみた。
また、正面だけでなく、後姿も撮影してみた。

・・・

以下、個人反省会

1枚目は、全体的にピントが来なかった。
手ぶれなのか、きちんとピントを合わせられなかったのかよくわからない。
人物撮影の時は、焦って撮影するのでよく手ぶれをする。
たくさんの光があたっており、コントラストの差が少なくなっていたので、オートでピントがあいにくかった。

2枚目は、周りが中途半端に入っている状態なので、ポイントが中途半端。
ねらいは、花婿の背中がボケているのと、花嫁の引かれている手を入れたかったのだが、
花婿の背中がフレームに入ってくれなかった。
見えるのは、タクシーでは、ちょっと面白くない。

3枚目も中途半端
ねらいは花婿の肩越しに花嫁がみえる写真にしたかったが、陣取った場所が悪く、立ち上がったら他の人に迷惑になりそうで、とても無理だった。

この日は、FA77Limitedを使用しているが、もっとずうずうしく前に出ないと場所が取れない。
前後の大きさのバランスを考えれば、もうちょっと望遠気味のレンズがよいのかもしれない。
また、対象が動いていることもあり、オートでのピントには限界がある。
いかに上手にピントが合わせられるようになるのかが今後の課題であると感じた。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-18 23:30 | 赤瓦・白壁土蔵群

昭和レトロなコンサート

f0138600_1728677.jpg

お酒屋さんの倉の中で、昭和レトロなコンサートが開催された。
コンサートの舞台は、レトロなテレビの中。
脇に、スイッチとチャンネルを変更のための丸いダイヤルが見える。

f0138600_17282061.jpg

午前中のステージだったので、人もまばら。
昭和レトロな曲盛りだくさんのなかなかのステージだったので、ちょっともったいない。

f0138600_17292698.jpg

スタッフらしき人に写真を撮影中の写真をとってもいいですかと聞いたら、よいということだったので、早速チャレンジ。

演奏中にフラッシュは演奏者の迷惑なので(演奏に集中できない)厳禁である。
第一、カメラ内蔵のフラッシュが届く範囲は、ISOにもよるが、たかが知れているのでまったく意味がない。

シャッタースピードを稼ぐため、ISOを高めに設定し、絞りを解放にする。
とはいえ、ISOを高くしすぎるとノイズが気になるし、絞りを解放にするとピントがあう幅が狭まるので、注意が必要である。
今回のレンズは100mm相当なので、手ぶれ防止にせめて100分の1はほしい。
写真がぶれてはどうしようもないので、場合によっては、露出補正を-1にする。

会場の印象は赤色であるので、電球色とおもったが、蛍光灯の影響もありそう。
よくわからないので、あとでホワイトバランスが変更できるようにRAWにしてみる。

あんまり前に出ると聴いている人の迷惑になりそう。
でも、人物をもうちょっと大きく撮影したい。

f0138600_1729404.jpg

そんなときは、トリミングをするというのも一つの手である。
ブログに載せるときは、せいぜい30万画素程度。
いまどきのカメラならちょっとくらいトリミングしても、ブログ用には問題ない。

とはいえ、はじめてのステージ撮影なので、反省点満載な撮影であった。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-12 17:57 | 赤瓦・白壁土蔵群

大蓮寺のしだれ桜

f0138600_2313434.jpg

白壁土蔵群周辺にあるこのお寺は、鉄筋コンクリート造であり、すでに50年以上経過している。
鉄筋コンクリート造のため、インドかどこかの国の流れをくむお寺のようなエキゾチックな印象があるが、れっきとした仏教のお寺である。
今、門をはいったすぐのところでしだれ桜がきれいに咲いている。

f0138600_2314930.jpg

敷地の中に入るとき、大きな門をくぐる。
木製の門は、別の場所にあったものを移築したものである。

倉吉のまちなみは、木造とコンクリート造が、不思議にマッチする。
このお寺でも同じように、違和感なく、それぞれの建物が存在している。

・・・

ちなみに、このエントリーの写真は、コンパクトなデジタルカメラで撮影している。
1枚目の写真のほうがボケている量が多い。
デジタル一眼だと、たしかに背景がボケやすいが、対象物にできるだけ近づき、かつ、背景とある程度の距離があれば、コンパクトのズームなしでも背景がボケた写真を撮影することができる。




↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-10 23:14 | 赤瓦・白壁土蔵群

昭和の花嫁行列 番外編

f0138600_22302584.jpg

昭和の花嫁行列は、倉吉シティホテルさんが中心に開催されており、今回で3回目となる。
「花嫁行列が似合うまち倉吉」が、定着しつつある。

結婚式には、子どもたちも重要な役割を果たす。
とりあえず一枚目は、子どもたちを写真に撮ってみたが、緊張気味であった。

f0138600_22364742.jpg

赤い着物の女の子は、勘がいいこのようで、カメラを向けると気が付いてくれる。
お姉さんの役どころのようで、お菓子を配ったり大忙し。

f0138600_22303977.jpg

今回の撮影会も、キャノンやニコンのカメラを持っておられる方がたくさん。
みなさん積極的でした。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-06 22:59 | 赤瓦・白壁土蔵群

打吹流しびな

f0138600_21153394.jpg

平成20年4月6日、倉吉流しびなが開催された。

倉吉流しびなは、子供の健やかな成長と、
倉吉市の中心市街地を流れる玉川の浄化を願って開催される。

フォトコンテストが開催されるせいか、キャノンやニコンのカメラを持った人がたくさんおられた。
それも、中級以上の高級なカメラばかり。

それ以外の初心者向けのカメラを使っているものとしては、ちょっと肩身が狭いような気がして、気後れしてしまい、あまり撮影できませんでした。

とはいえ、倉吉を愛する心は負けていないと、がんばってみました。
ある程度目処がついたら、別の写真も掲載したいと思います。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-06 21:22 | 赤瓦・白壁土蔵群