カテゴリ:赤瓦・白壁土蔵群( 188 )

ひいなの祭り 赤瓦一号館 黒い天神さん

f0138600_0432032.jpg

写真は赤瓦一号館で開催されているひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)で展示されている黒い天神さんである。

会場でもらった資料によると、
「倉吉の土天神はなで肩で赤い衣装を着ているのが普通で、(中略)極稀に黒い土天神があり、木彫りのもの(刻み天神)の普及版だと思われる。」
と、ある。

写真は、黒の衣装を着ているが、土天神なのか刻み天神なのかよくわからない。

ただ、見ていてふと最近話題の韓流ブームの影響で、我が家でも見ることがある昔の勧告の宮廷の様子を描いたドラマの登場人物の顔に似ているような気がしたので、シャッターを切った。

会場でもらった資料に、
「この風習は島根県出雲地方から鳥取県伯耆地方を中心とする中国地方でみられ、各地に土天神が残っている。」
と、ある。
もしかしたら韓国から船で到着した人をモデルにして黒い土天神が作られたのではないかと、私なりにかってに解釈してみる。

「遥かなまち倉吉」と日本海を隔てた韓国と、なにかつながりがあるのだろうか。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:57 | 赤瓦・白壁土蔵群

ひいなの祭り 赤瓦一号館 土天神

f0138600_02450100.jpg

写真は赤瓦一号館に飾られていた土天神である。

赤瓦一号館では、ひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)が4月1日から4月8日まで開催されている。

いつも読んでいるくらよし散歩道さんも赤瓦一号館を訪れたようで、4月4日のブログでひいなの祭りを紹介している。
ぜひ、そちらの記事もぜひ読んでいただきたい。

会場でもらった資料によると、
「倉吉地方は、江戸時代から天神信仰が盛んで、初節句を迎えた男の子の無事な成長を願い、母親の里などから土天神や各種の土人形を贈り、盛大に祝う風習があった。」
と、ある。

そういえば、以前倉がある家にお邪魔したとき、
「おじいさんが子どもの時に飾っていた土天神だ」
と、見せてもらったことがある。

あらためてじっくり見ていると土の温かみが心地よい感じである。
自分が子どもの時に接した記憶がないものであるが、なぜか懐かしさを感じさせる。

「遥かなまち倉吉」の雰囲気にあっているような気がする。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:40 | 赤瓦・白壁土蔵群

ひいなの祭り 防災センター「くら用心」

f0138600_09367.jpg

写真はひいなの祭り(倉吉ライオンズクラブ)の会場の一つである防災センター「くら用心」である。

ひいなの祭りは、4月1日から4月8日までの開催である。

防災センター「くら用心」は、ひいなの祭りに限らず、様々なイベントを行っている。

赤瓦・白壁土蔵群周辺に到着したらまず立ち寄るとよい。
そして、イベントをしていたらそこにいる人に積極的に話をしてみよう。

「遥かなまち倉吉」は、いいところだなあと実感すること間違いなしである。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
↑よろしければ、「人気blogランキング」「にほんブログランキング」への1日1クリックをお願いします。
[PR]
by st202_20040613 | 2007-04-05 00:23 | 赤瓦・白壁土蔵群

打吹流しびな

f0138600_21152472.jpg

写真は赤瓦・白壁土蔵群の研屋町公園にある銅像である。

毎年、春になると子どもが銅像のように流しびなを流す。

流しびなは、子どもを禍から守るため、分身であるひな人形を流す風習から、開催されるようになった。

今日、行ってみたらすでに飾りの一部がすでに設置されていた。

当日は、玉川沿いが菜の花が飾られ、黄色で溢れる。

「遥かなまち倉吉」の大イベントの開催が今から待ち遠しい。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-27 21:48 | 赤瓦・白壁土蔵群

流しびなの開催を伝える看板

f0138600_20553211.jpg

写真は玉川にかかる橋につけられた看板である。

看板は、4月8日(日)に迫った流しびなの開催を告げている。

開催する事業をPRするために、また、来訪者に開催される行事の開催を伝えるために、看板を作成し設置することは大切である。

デザインは土蔵群をイメージしたものであり、基本は白・黒・茶で構成され、まちなみにあわせてあることろがとてもよい。

残念なのは、その置いてある場所である。
白壁が建ち並ぶ場所を遠くから撮影しようとすると、必ず入ってしまのだ。
去年も同じ場所に設置されていて、撮影に苦労したように記憶している。

いい看板だけに惜しい。

「遥かなまち倉吉」にあと少し工夫がほしい。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-27 21:11 | 赤瓦・白壁土蔵群

玉川沿いの風景

f0138600_0210100.jpg

写真は、赤瓦・白壁土蔵群付近の玉川である。

玉川は、倉吉の中心市街地である打吹玉川地区を流れる河川である。

赤瓦・白壁土蔵群周辺は、伝統的建造物群保存地区に指定されたこともあり、多くの来訪者で賑わう場所である。

この玉川、残念なことに都市河川である宿命であるのか、ゴミのポイ捨てが少なくない。
川の底に、お菓子の包み紙が沈んでいるのを見つけてしまうと、残念に思う。

しかしながら、定期的に市民が清掃を行っている。
先日の土日も、倉吉打吹ライオンズクラブが倉吉流しびなのイベントの準備の一環として、玉川の清掃を行ったと、月曜日の新聞に載っていた。

頭の下がる思いである。

「遥かなまち倉吉」は、まちのゴミ拾いからはじまるといつも思う。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-27 00:24 | 赤瓦・白壁土蔵群

倉吉市役所の記念碑

f0138600_21562217.jpg

写真は、倉吉市役所建築の経緯を記す記念碑と、打吹山である。

記念碑を通じて、当時の人がどのような思いでひとつの事業を成し遂げたのかを伺うことができる。

市役所本庁舎は、約50年前の昭和の合併のシンボルであった。
地元出身の中央の建築士に設計を依頼し、当時の10億円の資金を調達し、完成した。
建物は、力強さに満ちており、完成した市役所本庁を目の当たりにした市民は、倉吉の新たな景観をよろこんだであろう。

合併をすることで、「おなじまちの人間」という仲間意識が生まれる。
平成の大合併を契機に、関金町のことをずいぶん勉強したし、よく遊びに行くようになった。
関金町の知人もずいぶん増えた。

昭和の合併においても、いっしょにまちをつくっていこうという気持ちがひとつになり、市役所本庁舎の建築という大事業を成し遂げることができた。

「遥かなまち倉吉」はその時代にふさわしいものを創造し、後世に残している。


今後、市内に点在する記念碑や看板などを、記念碑・看板シリーズと題し、「遥かなまち倉吉」について記述していきたいと思う。

f0138600_2159540.jpg

昭和二十八年十月一日市制実施 倉吉町 上小鴨村 北谷村
高城村 社村 西郷村 上井町 上北条町 灘手村の一部即ち
寺谷上神を合併し倉吉市として発足昭和三十年五月一日残る灘
手村を合併して人口52669人となった 時に新市庁舎建設
の議が熟し本市の中央部である打吹公園の一角を適地と選定し
ここに建設事業の発足をみた
郷土出身斯界の権威者東京大学教授岸田日出刀博士および同大
学助教授丹下健三氏の設計により国内に誇る屈指の風格をもつ
た近代建築が完成した 周囲大自然の環境に囲まれ全体に日本
■■にみる伝統が強勁に表現されているのは本建築の特徴であ
る 茲にこの碑をたて庁舎建設を永く記念する
  昭和三十二年九月 倉吉市長 早川忠篤 岩垣翠城題

(なお、わからない文字は■で表示)

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-22 22:37 | 赤瓦・白壁土蔵群

倉吉市役所

f0138600_22445566.jpg

写真は、倉吉市役所本庁舎である。
先日国の登録有形文化財となった。

倉吉市役所は、建てられてから50年が経過し、登録有形文化財として登録されることとなった。

文化財というと、大切なもの、稀有なもの、めずらしいものというイメージがあるが、それは日本だけで、外国にいけば登録有形文化財に簡単に遭遇することができる。

そういえば、倉吉市内に登録有形文化財がけっこうある。
さらに、伝統的建造物群保存地区という、面的に保存しようという地区まである。

文化財が多くあるということは、反面、これらのものを保存し、後世に伝えていくという意思の現れでもある。

「遥かなまち倉吉」は、そんなところからも伺える。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-19 22:59 | 赤瓦・白壁土蔵群