2008年 06月 22日 ( 2 )

武家屋敷があったあたりを歩く

f0138600_2044042.jpg

八橋往来は、本町通りの西町で北へ向かう。

江戸時代には、西町より西側には、武家屋敷が並び、庶民が歩くことができなかったためである。

現代は、武家屋敷の跡はほとんど見られない状態である。

背景に見える白い四角の建物は、病院である。

伝統的建造物群保存地区の周辺は、商業地域の土地の指定がなされている。

商業地域は、建物の容積にずいぶん余裕があることから、背の高い建物が建ちやすい。

県外では、伝統的建造物群保存地区からの眺望景観を守るため、景観地区など、バッファゾーン的に指定しているところもある。

とはいえ、この周辺は倉吉の中心市街地であり、建物の高さを規制することは土地の高度利用を抑制することにつながることが懸念されるため、多くの議論を重ねる必要がある。

現在は、中心市街地にまちなみを無視してとうふのような白い四角い建物が建てられたら、どうすることもできない状態である。

私は、手遅れにならないうちに、土地利用を見直し、必要に応じて独自の規制の網をかける必要があるのではないかと思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-22 20:59 | 八橋往来

椿の平の生き物たち

f0138600_910321.jpg

打吹公園開園100周年事業の際に、生き物の観察ができるようにと、椿の平の池がリニューアルされた。
モリアオガエルの卵からかえったおたまじゃくしが元気よく泳いでいるのが観察できる。

f0138600_910552.jpg

池の真中あたりで、鴨が悠々と泳いでいた。
そういえば、付近の鴨川や玉川でも、鴨が休んでいるのをよく見かける。

下水道整備がすすみ、川の水が以前に比べてきれいになったので、鴨が活動範囲を広げているのだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-06-22 09:16 | 打吹公園