2008年 01月 25日 ( 1 )

文化財防火デー

f0138600_22135629.jpg

1月26日は、文化財防火デーです。

昭和24年のこの日に法隆寺が炎上し、壁画などが焼失しました。
このことが、文化財保護法制定のきっかけになったといわれています。

防災センター「くら用心」は、
2003年5月13日未明に倉吉市の伝統的建造物群保存地区にて
発生した火災により焼失した被災跡地に整備されました。

市民からの多くの浄財や、文化庁、国土交通省などの補助により
3年後の2006年5月13日にオープニングセレモニーを実施し、
復興を遂げることができました。

地区住民を中心として組織される倉吉町なみ保存会では、
自主防災組織を結成し、可搬式のポンプなどの消化設備を設置し、
非常時に備えて年4回の火災訓練を行っています。

・・・
これらの一連の取り組みが評価され、
2007年にまち交大賞「プロセス賞」を受賞しています。
詳しくは、こちらのホームページで
http://www.machikou-net.org/public/machikou_taisyou/h18/pdf/10.pdf
(まち交ネットのホームページへのリンク)

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-01-25 22:39 | 赤瓦・白壁土蔵群