2008年 01月 22日 ( 1 )

今年の干支の倉吉絣

f0138600_21552742.jpg


倉吉工芸館の前を通りかかったら、今年の干支の倉吉絣が飾られていた。

この藍色は、布を織ってから染めるのではなく、布を織る前に糸を染めている。

倉吉絣は、綿織物で、明治から大正にかけて、多く生産された。

当時の倉吉の商店のほとんどが倉吉絣を扱っていた。

生地が厚手で丈夫であることと、使えば使うほど風合いが出てくることが、
人気の秘密であった。

しかしながら、外国製品に押され、売上が急落し、
倉吉絣を扱っていた多くの商店は、職種転換を余儀なくされた。

・・・

赤瓦1号館などで、倉吉絣のコースターや、名刺入れ、
タバコケースなどを販売している。

お土産にひとつどうだろうか。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-01-22 22:03 | 赤瓦・白壁土蔵群