2007年 05月 17日 ( 6 )

倉吉パークスクエア トイレ その3

f0138600_22391477.jpg

写真は、倉吉パークスクエアのトイレである。

通常、男性は女性に比べてトイレが早く終わるため、
待たされる場合が多い。

立って待っているのもいいが、
倉吉パークスクエアのトイレは座ることができるように、椅子が設置してある。

さらに自動販売機が中に設置されている。

自動販売機の多くは彩度が高く、けばけばしい印象を与えがちであり、
倉吉パークスクエアのコンセプトから大きく外れている。

そのため、倉吉パークスクエア内では、
トイレという常時目立たないが多くの人が何度も立ち寄る場所に設置されている。

景観への配慮と、販売の両方を考慮する賢い作戦である。

いろいろな工夫の上で、倉吉パークスクエアのトイレが設置されている。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 22:54 | 倉吉パークスクエア

倉吉パークスクエア トイレ その2

f0138600_22321299.jpg

写真は倉吉パークスクエアのトイレである。

このトイレは、屋外大型遊具(無料)のすぐ隣に設置されている。

これは非常に合理的である。

なぜなら、こどもが遊具で遊んだ後に、
ちょっとごはんやおやつを食べさせたいと思ったときに、
手をあらわせることができるからである。

また、子供が遊んでいて泣き出したら、たいていオムツがぬれているのだが、
すぐに交換することができるからである。

人が集まるところにはトイレが必要であり、
トイレの利用を想定した設置が行われている。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 22:38 | 倉吉パークスクエア

倉吉パークスクエア トイレ その1

f0138600_22221352.jpg

倉吉は数年前に、トイレのまちとしてPRを行っており、
市内にさまざまな個性的なトイレがある。

最近つくられたものは、倉吉パークスクエアのトイレである。

このトイレは、その外周が黄緑の格子状の鋼材で囲まれている。

黄緑は、二十世紀梨の色をイメージしたものと思われる。

施設の設計監修は、統一したコンセプトが貫かれている。

倉吉パークスクエアのスクエアとは、四角という意味であり、
施設には曲線と四角を組み合わせたデザインが多くある。

周りの施設と見比べながら、
倉吉パークスクエアのトイレを楽しんでいただきたい。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 22:31 | 倉吉パークスクエア

町屋清水庵 看板

f0138600_21583475.jpg

写真は、清水庵の看板である。

しっかりとした骨格の看板が目を見張る。

この前で記念撮影をするお客さんをたくさん目にする。
実際にシャッターを頼まれたこともある。

市内にはこういった印象的な看板が赤瓦・白壁土蔵郡の各所で見られ、
まちなみに非常にあっている。

遥かなまち倉吉看板マップでもつくってみようか。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 22:05 | 赤瓦・白壁土蔵群

町屋清水庵 うさぎさん

f0138600_21462782.jpg

写真は町屋清水庵(せいすいあん)のうさぎさんである。

おもちをついているのはやっぱりうさぎさんである。

清水庵というと、「もちしゃぶ」というイメージが定着し、
ガイドブックを通じて知った人は、
町屋をつかった飲食店というイメージなのだろうが、
創業100年のおもちやさんである。

餅は日本人にとって、
正月の鏡餅や、お彼岸のお赤飯など、
行事には欠かせないものである。

食べてみて、おいしい。

「遥かなまち倉吉」には、たよれるもちやさんがある。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 21:57 | 赤瓦・白壁土蔵群

久米ヶ原 スイカのハウス

f0138600_23505050.jpg

写真は久米ヶ原のスイカのハウスである。

倉吉周辺は、昔は久米郡(くめごおり)と呼ばれていた。

古代は政治経済の中心地であることは、
奈良時代の俳人、山上憶良が赴任した
国分寺、国庁の跡からも容易に推測できる。

現在は大山の火山灰の肥沃土地にて、
極実スイカなどの生産が行われている。

倉吉は農業中心のまちであり、
久米ヶ原はその中心である。

↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2007-05-17 00:11 | 社地区