倉吉で一番ふるい町屋出現

f0138600_20572651.jpg

淀屋牧田家の建物修理がずいぶん進んだようで、
工事のために設けられていた囲いが取り除かれていた。

f0138600_2058530.jpg

通りかかった人がみな同様に建物を眺めていく。

一度は取り壊しの危機に瀕していた倉吉で一番古い町屋が、
多くの人の手により、再び新たな歴史を刻むことは、感慨深い。

f0138600_20582416.jpg

倉吉の中心市街地は、倉吉市内でも特に人口減少高齢化が進んでいる。

中心市街地の衰退は、これまで積み重ねてきたまちの核を失うことであり、
順調な成長をみせている周辺であっても影響を及ぼしかねない問題である。

倉吉市では、定住人口の増加のため、中心市街地の活性化に取り組んでいる。

f0138600_2103620.jpg

この淀屋牧田家は、国土交通省のまちづくり交付金を活用し、
活性化の拠点とすべく、用地の取得と建物の修理が行われた。

f0138600_21111117.jpg

オープニングイベントの一環で、11月24日にこの場所で淀屋サミットが開催される。

今年も講演を聴きに出かけてみようと思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-10-27 21:17 | 淀屋牧田家
<< ふりむけば・・・ 秋の倉吉大市 >>