赤瓦12号館

f0138600_033810.jpg

伝統的建造物群保存地区の玉川沿いである。

玉川沿いからも敷地に出入りできるように、
石の橋がかけられている。

ちなみに、この石の橋は、特定工作物であり、
保存措置がとられている。

f0138600_035282.jpg

石橋を渡った先の
新しくできた店に、赤瓦12号館の文字が掲げられていた。

「赤瓦」とは、
地域のブランドイメージを形成するため、
株式会社赤瓦の直営店や、協力店などに付けられている
呼称である。

店舗のみならず、バスの回転広場の名称にも、
赤瓦の文字が入っている。

最近、人を案内しているときに、「赤瓦って何ですか」と、聞かれることが多くなった。

倉吉=白壁土蔵群だけでなく、
倉吉=赤瓦も、
定着しつつあるのかなあと感じる



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-09-18 00:30 | 赤瓦・白壁土蔵群
<< 赤瓦10号館 明るい空間の天女... 倉吉駅周辺の夕日 >>