円形校舎を残すために

f0138600_2129638.jpg

明倫地区のほぼ中央に、円形の建物がある。
特徴的な建物が、交差点にあるので、
説明のときに非常に便利だ。

f0138600_21294611.jpg

円形の建物のメリットとしては、
廊下のスペースを最小限にすることができること
後ろから光があたるので、まぶしくない
端の部屋ができない
などがある。

デメリットとしては、
扇状であるので、家具の配置が難しいこと
増築が難しいこと
などがある。

f0138600_212926100.jpg

老朽化のため解体すると聞いていたが、
予算の目処がたたないためか、いまだに現存している。

もともとは小学校だった建物であり、
卒業生の方が、
「できれば何らかの形で残してほしいなあ」
と、口にしているのを何度も耳にしていた。

f0138600_2130136.jpg


先日、この建物を残したいという鳥取大学の学生が、
この建物を残すために自分たちできることはないかと考えて、
建物周辺の草刈りをやろうと動き出した
と、いう情報が入ってきた。

一人で草刈をするのは恥ずかしいが、
いっしょにやる人がいるならやってみてもいいように思う。

当日は、草刈の道具だけでなく、伸び放題になっている木々の剪定のための
道具も用意して出かけようかなあ・・・



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-09-09 21:56 | 明倫地区
<< 9月10日は、屋外広告の日 琴桜・赤瓦観光バスに掲げられた看板 >>