景観に配慮した電気メーター

f0138600_21422553.jpg

景観に配慮して、色を塗るというのは、一番安易な方法である。
とはいえ、一度取り外して色を塗る必要があるので、意外と手間がかかる。

最近、工事が行われた建物の家の電気メーターが、
壁の色に合わせて、色が塗られていた。

色が縫っているだけで、ずいぶん違う雰囲気である。

f0138600_21424186.jpg

既存の灰色のものであっても、
壁の色が灰色の場所だったら、あまり目立たない。

倉吉は、白壁土蔵群で有名になったことから、
白い壁のイメージがあるかもしれないが、
黄色の壁や、黒い壁の古い町屋も存在する。

黒い壁は、戦時中に標的になるのを避けるために、
目立たなくなるように黒く塗ったという話を聞くが、
倉吉のまちのそれもそうなのだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-09-07 21:50 | 成徳地区
<< 琴桜・赤瓦観光バスに掲げられた看板 フルーツのゆるキャラ >>