焼け残ったのれん

f0138600_2115062.jpg

写真は、伝統的建造物群保存地区で起きた火災により焼失した建物の、
タンスの中に残されていたのれんである。

防災センターくら用心は、
火災の記憶を忘れてしまって、再びおなじ過ちを犯さないようにと、
火災跡地から多くのものを再利用している。

新しいものを取り付けたほうが修理をするのも楽でよいのかもしれないが、
可能な範囲で古いものをさまざまな形で残すため
何らかの形で再利用することは、その建物への愛着を深めるためにも、
大切なことではないかと思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-08-10 21:21 | 成徳地区
<< 白くテカテカした巨大な板出現 くら用心と比較して >>