くら用心と比較して

f0138600_22473437.jpg

写真は、白壁土蔵群・赤瓦、本町通りの北側、醤油屋さんの建物のものである。

この建物は、京都に修行に行かせた職人によって建てられたと聞いている。

そのせいか、倉吉の典型的な町屋(くら用心など)と比較すると、
ちょっと違うところがたくさんある。

格子をよく見ると、太い格子と細い格子がある。
くら用心は、太さがほぼ一定のものが並んでいる。

屋根を見ると、一文字に銀色の瓦が並んでいる。
くら用心は、赤いかわらが載っており、軒の部分に模様が入っている。

・・・

同じようにみえるまちなみでも、比較ができる部分が増えてくると、
まち歩きがとてもおもしろくなる。

今回、くら用心と比較しておきながら、見比べる写真が手元になかった。

非常に申し訳ない。

機会があれば、比較になるような写真を撮影してきて掲載したいと思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-08-07 23:06 | 赤瓦・白壁土蔵群
<< 焼け残ったのれん google map との連携 >>