アーケードその頃 その3

f0138600_2175439.jpg

明日5月6日まで西町の旧マスダ人形店で開催されるアーケードその頃は、いくつかのブースに分かれている。
一つは、本町通りの昭和30~40年ごろの商店の名前を掲載したブースである。

f0138600_2183881.jpg

一つは、アーケードがあった、昭和からつい最近までの写真を掲載したブースである。

f0138600_218910.jpg

倉吉の中心市街地のまんなかで、アスレチックをしたり、怪獣が登場したり、当時ごとに、流行を感じさせるイベントが開催されていたことが伺われる。

f0138600_2185025.jpg

一つは、本町通りに各種銀行が軒を連ねていたころのことを伝えるブースである。
いまでこそ近隣に移転してしまったが、当時はほぼ隣同士に銀行が並んでいた。
当時、本町通りは、倉吉のウォール街だったことが伺われる。

f0138600_2181938.jpg

今は駐車場になっていたり、別の業種の建物が建てられているが、昔の写真を見ていると、その風景が別の風景に見えるから不思議だ。

・・・

これらのイベントは、この本町通りが、各時代にどのような時間の積み重ねを証明するイベントである。
スクラップ&ビルドがあたりまえの現代において、昔のままでいつづけることが難しくなっている。
昔からあるものの魅力や価値が見出すことができなければ、なくなってしまう。
昔からあるものの魅力や価値をより多くの人に理解してもらうための一つの取り組みである。

このイベントは、各家に昔からあるものを展示しているので、お金はあまりかかっていないのかもしれないが、町の外の人がどんなにお金をかけても絶対にできない。

明日が最終日、1度見に行った人も、別の視点で写真や展示を眺めてはどうだろうか。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-05-05 21:35 | アーケード
<< 笛を吹き太鼓をたたく童子 白壁土蔵群でだれもが写真をとる... >>