鉢屋川の鯉

f0138600_23532518.jpg

鉢屋川は、白壁土蔵群・赤瓦を流れる玉川と同様に、倉吉の中心市街地を流れる川であり、鯉が住んでいる。

f0138600_23533990.jpg

玉川よりもはるかに水面が近い。
手を伸ばせば、大きな鯉を触ることができそうだ。
近くのお店で鯉のえさをうっている。

・・・

鯉が下流に下ってしまわないように、堰およびスクリーンが設置されている。
スクリーンの前には、ごみがたまりやすいが、近くの人が定期的にごみとりや掃除をしているので、今回訪れたときは、ごみがまったくなかった。

鯉が住める川作りは、地域の人の取り組みがあって、はじめてできることである。
こういった取り組みは、自分ができること・・・たとえば、出したごみをきちんと持って帰るなど・・・をきちんとすることの積み重ねだといつも思う。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-30 00:01 | 明倫地区
<< レトロな電気自動車 和風の塀 >>