大蓮寺のしだれ桜

f0138600_2313434.jpg

白壁土蔵群周辺にあるこのお寺は、鉄筋コンクリート造であり、すでに50年以上経過している。
鉄筋コンクリート造のため、インドかどこかの国の流れをくむお寺のようなエキゾチックな印象があるが、れっきとした仏教のお寺である。
今、門をはいったすぐのところでしだれ桜がきれいに咲いている。

f0138600_2314930.jpg

敷地の中に入るとき、大きな門をくぐる。
木製の門は、別の場所にあったものを移築したものである。

倉吉のまちなみは、木造とコンクリート造が、不思議にマッチする。
このお寺でも同じように、違和感なく、それぞれの建物が存在している。

・・・

ちなみに、このエントリーの写真は、コンパクトなデジタルカメラで撮影している。
1枚目の写真のほうがボケている量が多い。
デジタル一眼だと、たしかに背景がボケやすいが、対象物にできるだけ近づき、かつ、背景とある程度の距離があれば、コンパクトのズームなしでも背景がボケた写真を撮影することができる。




↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-10 23:14 | 赤瓦・白壁土蔵群
<< 羽衣池に浮かぶ桜 桜とお寺を撮ってみる >>