絵下谷川の夜桜

f0138600_2234478.jpg

夕刻のちょっとした時間が、夜桜を撮影するには絶好の時間。
ぼんぼりなどでライトアップされた桜を撮影しに、絵下谷川沿いに出かけてみた。

撮影した写真を現像してみて驚いたのは、桜の花がいろいろに染まってしまうこと。

人間の目は、それなりに補正をしてしまうのだが、カメラはそれぞれの照明によって影響を受けてしまう。

カメラにとって過酷な被写体だったなあと、ちょっと反省。

・・・

通常は、ホワイトバランスでそれぞれの照明の色を補正する。
蛍光灯や白熱球など、その場の照明にあわせて選択することで、より自然な写真を撮影することができる。
今回のように、いろいろな照明が混ざり合っていると、どうすれば自然な色合いになるのか悩む結果になる。

f0138600_238521.jpg

カメラの名誉のために、オートで撮影した写真も掲載してみた。
ぼんぼりの明かりがメインの環境だったので、桜らしい色合いに再現できた。



↓倉吉在住のブログ以外の「遥かなまち倉吉」の様々な情報はこちらで
(人気ランキングに参加しています。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
にほんブログ村>地域生活ブログ>鳥取情報

↓人気blogランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてください。

人気blogランキング>地域情報>中国
[PR]
by st202_20040613 | 2008-04-08 22:42 | 上灘地区
<< 雨の日の打吹公園 法華寺畑遺跡の桜 >>