玉川沿いの風景

f0138600_0210100.jpg

写真は、赤瓦・白壁土蔵群付近の玉川である。

玉川は、倉吉の中心市街地である打吹玉川地区を流れる河川である。

赤瓦・白壁土蔵群周辺は、伝統的建造物群保存地区に指定されたこともあり、多くの来訪者で賑わう場所である。

この玉川、残念なことに都市河川である宿命であるのか、ゴミのポイ捨てが少なくない。
川の底に、お菓子の包み紙が沈んでいるのを見つけてしまうと、残念に思う。

しかしながら、定期的に市民が清掃を行っている。
先日の土日も、倉吉打吹ライオンズクラブが倉吉流しびなのイベントの準備の一環として、玉川の清掃を行ったと、月曜日の新聞に載っていた。

頭の下がる思いである。

「遥かなまち倉吉」は、まちのゴミ拾いからはじまるといつも思う。

人気blogランキングへにほんブログ村 地域生活ブログ 鳥取情報へ
[PR]
by st202_20040613 | 2007-03-27 00:24 | 赤瓦・白壁土蔵群
<< 打吹公園の桜 咲き始め 朝早くの倉吉駅前 >>